Product SiteDocumentation Site

4.3. 初回起動の後

特定のデスクトップを選ばずに (または「GNOME」を選んで)「Debian デスクトップ環境」のタスクを有効化してインストールを進めていた場合、gdm3 ログインマネージャが表示されます。
初回起動

図 4.14 初回起動

作成したユーザを使ってログインし、すぐに仕事を始められます。

4.3.1. 追加ソフトウェアのインストール

インストールされているパッケージはシステムのインストール中に選択したタスクを基に選ばれたものですが、実際のマシンの用途には不要なパッケージがインストールされている場合もあります。このような場合、パッケージをインストールしたり削除するためにパッケージ管理ツールを使いたくなるかもしれません。最も頻繁に利用されるパッケージ管理ツール (「Debian デスクトップ環境」タスクを選んだ場合にインストールされます) は apt (コマンドラインから利用します) と synaptic (メニューの「Synaptic パッケージマネージャ」から利用します) の 2 種類です。
一連のプログラムグループのインストールを楽にするために、Debian はシステムに特定の (メールサーバ、ファイルサーバなどの) 機能を持たせる際に必要な作業をまとめた「タスク」を作りました。「タスク」を選択する機会はインストール中にもありましたし、パッケージ管理ツールである aptitude (タスクは専用のセクション内にリストされています) および synaptic (編集(E)タスクを利用してパッケージにマークする(T)…とメニューを進みます) からもタスクにアクセスすることが可能です。
aptitude は全画面のテキストモードで動く APT へのインターフェースです。aptitude を使えば、利用できるパッケージをさまざまな状態 (インストール済み、未インストールのパッケージ、タスク、セクションなど) ごとに分類したリストを閲覧したり、各パッケージに対して利用できるすべての情報 (依存パッケージ、衝突パッケージ、パッケージ説明文など) を確認できます。また、各パッケージに対して一時的に「インストール」や「削除」マークを付け、後からその操作を実行させることが可能です (インストールは + キー、削除は - キーでマークします)。マークした操作は、g キー (「go!」の「g」) を押して確認したら、一斉に実行されます。インストールし忘れたパッケージがあっても心配ありません。この場合、最初のインストールが完了したら、もう一度 aptitude を実行すればよいのです。
もちろん、すべてのタスクを選択しないことも可能です。その場合、apt-getaptitude コマンド (両方ともコマンドラインから利用できます) を使って必要なソフトウェアを手作業でインストールします。

4.3.2. システムのアップグレード

一般的に言えば、最初に aptitude safe-upgrade (インストールされたプログラムを自動的に更新するコマンド) を実行することをお勧めします。特に最新の Debian 安定版バージョンのリリース以降に発表されたセキュリティ更新を適用しなければいけません。更新の際に、標準的な Debian 設定ツールである debconf を使って追加的な質問をされるかもしれません。aptitude を使った更新に関する詳しい情報は、第 6.2.3 節「システムのアップグレード」を参照してください。