Product SiteDocumentation Site

8.11. カーネルのインストール

8.11.1. Debian カーネルパッケージの特徴

A Debian kernel package installs the kernel image (vmlinuz-version), its configuration (config-version) and its symbols table (System.map-version) in /boot/. The modules are installed in the /lib/modules/version/ directory.
カーネルパッケージの設定スクリプトは自動的に initrd イメージを生成します。initrd はブートローダによってメモリに読み込まれる小さなシステムで (このため「init RAM ディスク」と名付けられています)、Linux カーネルは initrd を使って完全な Debian システムを含むデバイス (たとえば SATA ディスクのドライバ) にアクセスするために必要なモジュールを読み込みます。最後に、カーネルパッケージの post-installation スクリプトが /vmlinuz/vmlinuz.old/initrd.img/initrd.img.old のシンボリックリンクを更新します。これらはそれぞれインストールされた最新の 2 つのカーネルとカーネルに対応する initrd イメージを指します。
これらの作業のほとんどは /etc/kernel/*.d/ ディレクトリの中にあるフックスクリプトが担っています。たとえば、grub との統合は、カーネルがインストールまたは削除された際に update-grub を呼び出す /etc/kernel/postinst.d/zz-update-grub/etc/kernel/postrm.d/zz-update-grub が担っています。

8.11.2. dpkg を使ったインストール

Using apt is so convenient that it makes it easy to forget about the lower-level tools, but the easiest way of installing a compiled kernel is to use a command such as dpkg -i package.deb, where package.deb is the name of a linux-image package such as linux-image-4.19.37-falcot_1_amd64.deb.
この章で説明されている設定手順は基本であり、サーバシステムにもワークステーションにも適用でき、半自動化された方法で広く適用できます。しかしながら、この設定手順だけで完全に設定されたシステムを十分に提供することは不可能です。「Unix サービス」として知られている低レベルプログラムを初めとする、いくつかの要素に対する設定がまだ必要です。