Product SiteDocumentation Site

1.5. ディストリビューションの役割

GNU/Linux ディストリビューションには 2 つの目標があります。すなわち、自由なオペレーティングシステムをコンピュータにインストールすること (既にシステムが存在しているか否かは関係ありません)、そしてすべてのユーザからの必要性を満足する広範なソフトウェアを提供すること、です。

1.5.1. インストーラ、debian-installer

debian-installer は可能な限り一般性を保ちつつモジュール式に設計されており、上で述べた 1 つ目の目標を達成しています。debian-installer は多様なインストール状況に対応しており、一般に、特定の事例向けに作られた派生物がインストーラを作成することを非常に容易にしています。
debian-installer はそのモジュール性のためにとても複雑なものになっており、開発者が debian-installer の詳細を探ることが難しくなっているかもしれません。しかし、グラフィカルとテキストモードのどちらを使っても、ユーザ体験は同じ状態が保たれています。インストール時に感じる疑問の数を減らすために、多大な努力が費やされました。特に自動ハードウェア検出ソフトウェアはこれに大きく貢献しました。
ここで興味を持って注目すべき点は、Debian から派生したディストリビューションは一般化と全く違う姿勢を取り、提供するインストーラをさらに制限して (i386 と amd64 アーキテクチャに限定していることが多いです)、初心者にとってさらに使いやすくしているという点です。他方で、パッケージの中身に関して言えば、派生ディストリビューションはこれを改変し過ぎないようにしています。なぜなら、そうすることで提供されているさまざまなソフトウェアから互換性問題を起こさずに可能な限り大きな恩恵を受けることができるからです。

1.5.2. ソフトウェアライブラリ

量的な意味で、21,000 を超えるソースパッケージを備える Debian がリーダーなのは間違いありません。質的な意味で、Debian の安定度と整合性の評判を支えているのは Debian のポリシーと新しい安定版のリリース前に設けられる長いテスト期間のおかげであることは間違いありません。入手可能性に関する限り、Debian のすべては世界中に存在する多くのミラーを通じてオンライン上で入手でき、更新は 6 時間ごとに配信されます。
多くの小売業者がインターネット上で CD-ROM を極めて低価格 (通常実費のみ) で販売していますし、この CD-ROM「イメージ」は自由にダウンロードすることも可能です。Debian の欠点は 1 つしかありません。すなわち、新しい安定版のリリース頻度が低いことです (開発には 2 年以上かかる場合もあります)。この欠点により新しいソフトウェアが導入される時期が後ろにずれます。
新しいフリーソフトウェアプログラムの多くは素早く開発版に組み込まれます。こうすることで開発版では新しいソフトウェアをインストールできます。新しいソフトウェアを組み込むために数多くの依存パッケージを更新しなければいけない状況の場合、Debian の安定版用にプログラムを再コンパイルすることも可能です (この話題に関するより詳しい情報は第 15 章「Debian パッケージの作成を参照してください)。