Product SiteDocumentation Site

序文

Debian は大きな成功を収めたオペレーティングシステムで、われわれのデジタルライフに対し、人々が想像・認識するよりも深く浸透しています。これを明らかにするには、いくつかのデータで十分でしょう。本書の執筆時点で、Debian はウェブサーバ用途で最も人気のある GNU/Linux 派生物です。W3Techs によれば、10% を超えるウェブサーバが Debian で運用されています。考えてみてください: もし今 Debian がなかったら、いくつのウェブサイトが消えてしまうのでしょうか? より魅力的な利用例としては、Debian は国際宇宙ステーション (ISS) に選ばれたオペレーティングシステムです。ソーシャルネットワーク上に存在している NASA や他の国際的な組織のアカウントを介すなどして、ISS の宇宙飛行士による業務を追いかけていますか? 業務そのもの、あるいは業務に関する投稿は、Debian によって可能になっています。数え切れないほど多くの企業・大学・行政機関が、世界中にいる何百万の (…さらに軌道上にいる) ユーザーへ向けて日々のサービスを提供するため Debian に依存しているのです!
ですが、どれだけ複雑で有用で信頼できるオペレーティングシステムになろうとも、Debian は単なるシステムにはとどまりません。Debian は、日常生活においてソフトウェアに対する依存度が高まりつつあるこの世界において、人々は自由を謳歌すべき、という理念です。Debian は、人々は自分のコンピュータを己の支配下におくべきであり、コンピュータに支配されるべきではない、という根幹的なフリーソフトウェアの理念から生まれています。ソフトウェアに関して十分な知識を持っている人々は、自分にとって重要なすべてのソフトウェアを分解、改変、再構築してその成果を他の人と共有するべきです。ここで重要なのは、ソフトウェアの用途に関わらず成果を共有するという思想です。子猫の写真をウェブに投稿するようなたわいもない作業に使われるソフトウェアも、車の制御や治療に使われる医療機器への電力供給などの潜在的に命に関わるような目的に使われるソフトウェアも、そのソフトウェアに対して成された成果は同様に共有されます。そして Debian は上に挙げたようなソフトウェアの操作が必要になるさまざまな状況で使われています。さらに、ソフトウェアに関して深い知識を持っていない人々もこの自由を享受すべきです。すなわち、そのような人々は、自らの代わりに自らが選んだ信頼できる人々へ、ソフトウェアによって制御される機器の監査や変更を委ねることができるべきです。
人間によるマシンのコントロールを成し遂げることにおいて、自由なオペレーティングシステムは根本的な役割を担っています。つまりオペレーティングシステムをコントロールしなければ、コンピュータデバイスを完全に支配することは不可能です。最高の、完全に自由なオペレーティングシステムを作成しようという Debian の主な野望はここから来ています。20 年以上もの間、Debian は自由なオペレーティングシステムを開発すると同時に、これを支えるフリーソフトウェアの理念を推進し続けています。そうすることで、Debian は世界中にいるソフトウェアにおける自由の支持者に対して、非常に高いハードルを設けました。たとえば、ソフトウェアのライセンスに対する Debian の判断は、ある案件が「十分に自由なもの」と考え得るか否かを判断する際に、国際的な標準化機関・政府機関・他のフリーソフトウェアプロジェクトでよく参考にされています。
しかし、この政治的な観点だけでは Debian の独自性をまだ十分に説明できません。Debian は、その独立性に強く付随する非常に独特な社会実験でもあります。他の主要なフリーソフトウェアディストリビューションや人気のあるプロプライエタリオペレーティングシステムについて、ちょっと考えてみましょう。おそらくそれらは、プロジェクトの裏で開発を主に推し進めているか、または控えめに言っても開発に無関係のすべての活動を請け負っている大企業と結び付けることができるでしょう。Debian は違います。Debian プロジェクトでは、ボランティアが自分自身に Debian が維持され素晴らしいものであり続けるために必要なすべての活動に対する責任を課しています。ボランティア活動の範囲は驚くほどの広い範囲におよびます。つまりその活動範囲は、翻訳からシステム管理、マーケティングから経営、カンファレンス組織からアートワークデザイン、簿記から法的問題など…におよび、ソフトウェアのパッケージングと開発は言うまでもありません! Debian への貢献者はこれらすべての面倒を見ているのです。
独立性を徹底的に守ることでもたらされる 1 番目の結果として、Debian は非常に多様なボランティアコミュニティを必要とし、それに依っています。上に挙げたボランティア活動およびその他の考えうる活動の際に要求される能力を使えば、Debian に貢献したり、プロジェクトを改善できるでしょう。Debian の独立性による 2 番目の結果として、特定企業の商業的利権によって Debian の方向性は動かされないことが保証されています。すなわち、技術系のニュース媒体によって検証された数多くの最近の事例の通り、何の保証もされていない Debian の関心は、人々がマシンをコントロールするという目標と同じ方向を常に目指すことになるでしょう。
Debian の独立性がもたらす最後の側面 (Debian 内部における社会実験の方法) は、Debian の独自性の一因となっています。役所仕事的であるという噂にも関わらず、実際のところ Debian の意思決定は高度に分散化されています。プロジェクトにおける責任の範囲は、明確に定義されています。責任者は、自身の責任がおよぶ範囲で自由に作業を行えます。コミュニティから求められる品質を守る限り、責任者は自分の作業の内容ややり方に文句を言われることはありません。もしあなたが Debian のやり方に口を出したいのなら、あなた自身が主導して作業を引き受ける心構えがなければいけません。このような能力主義の特異な形はしばしば do-ocracy と呼ばれ、貢献者に強い力を与えます。十分な能力・時間・意欲を持っている人は誰でも、プロジェクトの方向性に大きな影響をおよぼすことができるのです。Debian プロジェクトに参加している一千人あまりの公式メンバーと世界中にいる数千人の貢献者がこの点について証言しています。Debian が、既存プロジェクトの中でもコミュニティ主導の最大のフリーソフトウェアプロジェクトと認知されているのも全く不思議ではありません。
つまり Debian はとても独特です。これに気が付いているのはわれわれだけでしょうか? そんなわけがありません。DistroWatch によれば、世界には約 300 の活発なフリーソフトウェアディストリビューションがあります。そのうちの半分 (約 140) は Debian 派生物です。Debian 派生物とは、それらのディストリビューションが Debian を基にして、ユーザの必要性に合わせた改変 (通常はパッケージの追加、改変、再構築) を行い、その成果物をリリースしていることを意味しています。要するに、派生物はそれを構成している各ソフトウェアだけでなくディストリビューション全体に対して、フリーソフトウェアが保証している自由と同様の、自身のコピーを改変したり再配布する自由を保証しているのです。派生ディストリビューションを通じて、新たなフリーソフトウェアのユーザと貢献者に働きかけることは巨大な潜在的可能性を秘めています。今日、フリーソフトウェアは歴史的に見て乗り越えることが難しいと考えられていた大規模デスクトップ環境などの分野においても、プロプライエタリソフトウェアとようやく張り合うことができるようになっています。これは主に繁栄しているエコシステムのおかげだと考えられています。Debian は、既存のフリーソフトウェアディストリビューションでは最大のエコシステムの根幹に位置しています。つまり、直接 Debian を使っていなかったとしても、ディストリビュータが Debian を基にしていると言わなかったとしても、あなたは Debian コミュニティによる業績の恩恵を今現在受けている可能性があります。
しかし、Debian の独自性は時に思いもよらない結果を招くことがあります。それは、デジタルにおける自由に関する Debian の理念がソフトウェアの意味を再定義する必要性を生じさせた、という結果です。Debian プロジェクトはずっと以前から、オペレーティングシステムの一部として数多くのソフトウェアではない著作物 (音楽・画像・文書・生データ・ファームウェアなど) を配布する必要がある、という点に気が付いていました。しかし、これらの著作物に対してどのようにソフトウェアにおける自由を適用すればよいのでしょうか。個々の著作物が独自の要件を設定するべきでしょうか、それともすべての著作物に単一で高い水準の自由を求めるべきなのでしょうか? Debian プロジェクトは後者を選ぶこと (すなわち、Debian の一部として配布されるすべての著作物は、ユーザに対して一義的な自由を提供するべきだということ) に決めました。このような徹底的な哲学的姿勢は、広範囲に影響をおよぼしました。この姿勢は、自由ではないファームウェア、商業的環境で利用されることを許可していないアートワーク、(出版社が変わらない限り) 著者と出版社の評判を下げることを回避するために改変できない書籍などは配布できないということを意味しています。
あなたの手元にある本書は違います。本書は free as in freedom な書籍、言い換えればデジタルライフのあらゆる側面で Debian における自由という基準に従う書籍です。とても長い間、本書のような書籍の数が少ない点が、Debian の重大な欠点でした。これは、Debian とその価値を広く伝え、同時に Debian における自由という基準の価値を具現化してその利点を浮き彫りにするような読み物がほとんど存在しなかったことを意味しています。そして皮肉なことに、Debian それ自身の一部として配布できる読み物がほとんど存在しなかったことも意味しています。本書は初めてこの欠点の克服に取り組んだ信頼できる書籍です。あなたは本書を apt install でインストールしたり、再配布したりできます。フォークすることもできますが、より望ましいやり方として、バグを報告したり、パッチを投稿したりすることも可能です (そうすることで将来他の人があなたの貢献の恩恵を受けられるようになります)。本書の「メンテナ」は本書の著者でもあり、Debian プロジェクトのメンバーとして長期にわたって活動し続けています。われわれ著者は、Debian のすべての側面に浸透している自由の精神に共感し、Debian の重要な部分に関する責任を負うことがどのような意味を持っているかを直接的に理解しています。重ねて、本書のような自由な書籍を公開することにより、われわれ著者は Debian コミュニティに対して素晴らしい貢献をしているのです。
本書という Debian における読書の自由の礎を、われわれ著者と同じくらい楽しんでいただけることを願っております。
2015 年 10 月
Stefano Zacchiroli (Debian プロジェクトリーダー 2010-2013)、Lucas Nussbaum (Debian プロジェクトリーダー 2013-2015)、Neil McGovern (Debian プロジェクトリーダー 2015-現職)