Product SiteDocumentation Site

5. 謝辞

5.1. 歴史小話

2003 年に Nat Makarévitch はフランスで一流の専門書出版社である Eyrolles で自分が運営している Cahier de l'Admin (Admin's Handbook) シリーズで Debian をテーマにした書籍を出版したかったので、Raphaël に連絡をとりました。Raphaël はすぐに本書の執筆を引き受けました。最初の版は 2004 年 10 月 14 日に出版され、大成功を収めました (約 4 カ月で売り切れました)。
それ以来われわれ著者は Debian がリリースされるたびに本書のフランス語版を出版し続け、これまでに 6 種類の版を出版しています。Roland は初め校正者として本書の出版に参加していましたが、徐々に共同執筆として参加するようになりました。
本書の成功に満足していた一方で、われわれ著者は常に Eyrolles に対して国際的な編集者が本書を英語に翻訳するよう説得してくれることを望んでいました。われわれ著者の元には Debian について学び始める際に本書がどのように役立ったかを書いたコメントが数多く届けられ続けており、同時にわれわれ著者は本書がさらに多くの人にとって有益なものになることを強く願っています。
悲しいことにわれわれ著者が連絡を取った英語圏の編集者には、本書を翻訳して出版するという危険を冒すことに前向きな人はいませんでした。この小さな逆風に意欲を削がれることなく、われわれ著者はフランスの出版社 Eyrolles と交渉し、本書を英語に翻訳して自分たちの手で出版する権利を取り戻しました。クラウドファンディングキャンペーンが成功したおかげで、われわれ著者は 2011 年 12 月から 2012 年 5 月まで翻訳作業を行いました。そして「Debian 管理者ハンドブック」は生まれ、フリーソフトウェアライセンスの下で出版されたのです!
これは重要な節目の出来事でしたが、その一方でわれわれ著者は本書の英語版の公式翻訳としてフランス語版が提供されるまでこの話が終わらない点も理解していました。当時フランス語版は Eyrolles から自由ではないライセンスで市販されていたため、自由な英語版をフランス語に翻訳して提供することは不可能でした。
2013 年、Debian 7 がリリースされたことで、われわれ著者は Eyrolles と新しい契約について話し合う良い機会を得ました。われわれ著者は Debian の価値に適するライセンスが本書の成功に貢献するということを Eyrolles に納得させました。これは簡単にまとまる取引ではありませんでしたが、われわれ著者は費用の一部を負担して関連するリスクを減らすために別のクラウドファンディングキャンペーンを行うことに同意を取り付けました。これもまた大きな成功を収め、2013 年 7 月、われわれ著者は Debian 管理者ハンドブックのフランス語の翻訳を公開しました。

5.2. 英語版の誕生

2011 年にわれわれ著者が得た権利はフランス語版の英語翻訳を作る権利だけでした。それでは英語版が出版されるまでのいきさつを見ていきましょう。
450 ページの書籍を翻訳するには数カ月にわたる相当な努力が必要です。われわれ著者のようなフリーランスが英語版の出版プロジェクトの完遂に時間を使うには最低限の収入を保証されなければいけません。そのためわれわれ著者は Ulule でクラウドファンディングキャンペーンを開始し、人々から英語版の出版プロジェクトに関する資金協力を求めました。
このクラウドファンディングキャンペーンには 2 つの目標が設定されました。翻訳用に €15,000 の資金調達、さらに書籍を自由なライセンス (Debian フリーソフトウェアガイドラインに完全に従うライセンス) で出版できるようにするための解放基金用に €25,000 の資金調達です。
Ulule でのキャンペーンが終了した時点で、1 つ目の目標は €24,345 の資金を集めて達成されていました。しかし、解放基金用として集まった資金はたったの €14,935 であり、まだ資金調達目標額に到達していませんでした。当初の発表通り、解放基金のキャンペーンは Ulule から離れ本書の公式ウェブサイト上で続けられました。
われわれ著者が本書の翻訳に忙しかった一方で、解放基金に対する寄付金は集まり続け…、2012 年 4 月には資金調達目標額に到達しました。このような経緯で皆様は本書を自由なライセンスで手に入れることができているのです。
われわれ著者は、金銭的な支援を約束したり資金調達キャンペーンを周りに宣伝することで、キャンペーンにご協力くださったすべての人に感謝しています。皆様方の協力がなければこのキャンペーンを成功させることはできなかったでしょう。

5.2.1. 協賛企業と組織

われわれ著者はフリーソフトウェアに理解を示す数多くの企業や組織から多大な寄付をいただいたことを光栄に思っています。Code LutinÉcole Ouverte FrancophoneEvolixFantini BakeryFSF FranceOffensive Security (Kali Linux を支援する企業)、OpensidesProxmox Server Solutions Gmbh、SSIELL (Société Solidaire d'Informatique En Logiciels Libres)、Syminet、以上の皆様に感謝します。
さらにわれわれ著者は、キャンペーンの宣伝にご協力いただいた OMG! UbuntuApril に感謝します。

5.2.2. 個人支援者の皆様

翻訳用の資金調達キャンペーンに寄付していただいた 650 人を超える支援者の皆様、解放資金キャンペーンに寄付していただいた数百人以上の皆様、英語版の出版プロジェクトを実行可能にしたのは、皆様方のような支援者のおかげです。ありがとうございます!
われわれ著者は解放基金に少なくとも €35 (それ以上の人もいらっしゃいます!) の寄付をしていただいた人々に深く感謝しています。われわれ著者は、非常に多くの人々が自由に関するわれわれ著者の価値観を共有し、英語版の出版プロジェクトでわれわれ著者の成した作業は対価を支払うに値するものであると認めてくださったことを喜ばしく思っています。
Alain Coron、Alain Thabaud、Alan Milnes、Alastair Sherringham、Alban Dumerain、Alessio Spadaro、Alex King、Alexandre Dupas、Ambrose Andrews、Andre Klärner、Andreas Olsson、Andrej Ricnik、Andrew Alderwick、Anselm Lingnau、Antoine Emerit、Armin F. Gnosa、Avétis Kazarian、Bdale Garbee、Benoit Barthelet、Bernard Zijlstra、Carles Guadall Blancafort、Carlos Horowicz — Planisys S.A.、Charles Brisset、Charlie Orford、Chris Sykes、Christian Bayle、Christian Leutloff、Christian Maier、Christian Perrier、Christophe Drevet、Christophe Schockaert (R3vLibre)、Christopher Allan Webber、Colin Ameigh、Damien Dubédat、Dan Pettersson、Dave Lozier、David Bercot、David James、David Schmitt、David Tran Quang Ty、Elizabeth Young、Fabian Rodriguez、Ferenc Kiraly、Frédéric Perrenot — Intelligence Service 001、Fumihito Yoshida、Gian-Maria Daffré、Gilles Meier、Giorgio Cittadini、Héctor Orón Martínez、Henry、Herbert Kaminski、Hideki Yamane、Hoffmann Information Services GmbH、Holger Burkhardt、Horia Ardelean、Ivo Ugrina、Jan Dittberner、Jim Salter、Johannes Obermüller、Jonas Bofjäll、Jordi Fernandez Moledo、Jorg Willekens、Joshua、Kastrolis Imanta、Keisuke Nakao、Kévin Audebrand、Korbinian Preisler、Kristian Tizzard、Laurent Bruguière、Laurent Hamel、Leurent Sylvain、Loïc Revest、Luca Scarabello、Lukas Bai、Marc Singer、Marcelo Nicolas Manso、Marilyne et Thomas、Mark Janssen — Sig-I/O Automatisering、Mark Sheppard、Mark Symonds、Mathias Bocquet、Matteo Fulgheri、Michael Schaffner、Michele Baldessari、Mike Chaberski、Mike Linksvayer、Minh Ha Duong、Moreau Frédéric、Morphium、Nathael Pajani、Nathan Paul Simons、Nicholas Davidson、Nicola Chiapolini、Ole-Morten、Olivier Mondoloni、Paolo Innocenti、Pascal Cuoq、Patrick Camelin、Per Carlson、Philip Bolting、Philippe Gauthier、Philippe Teuwen、PJ King、Praveen Arimbrathodiyil (j4v4m4n)、Ralf Zimmermann、Ray McCarthy、Rich、Rikard Westman、Robert Kosch、Sander Scheepens、Sébastien Picard、Stappers、Stavros Giannouris、Steve-David Marguet、T. Gerigk、Tanguy Ortolo、Thomas Hochstein、Thomas Müller、Thomas Pierson、Tigran Zakoyan、Tobias Gruetzmacher、Tournier Simon、Trans-IP Internet Services、Viktor Ekmark、Vincent Demeester、Vincent van Adrighem、Volker Schlecht、Werner Kuballa、Xavier Neys、Yazid Cassam Sulliman、以上の皆様に感謝します。

5.3. フランス語版の解放

英語版を自由なライセンスで公開した後、本書は自由ではない書籍を翻訳した自由な書籍という変わった状況に陥りました (なぜなら Eyrolles は翻訳元になった自由ではない書籍を自由ではないライセンスで市販していたからです)。
われわれ著者は、これを解決するには自由なライセンスが本書の成功に寄与するという点を Eyrolles に納得させることが必要であると理解していました。この機会がやってきたのが 2013 年です、この年われわれ著者は Debian 7 用に本書を更新する契約を結ばなければいけませんでした。書籍を自由なライセンスにすることは書籍の販売に大きな影響をおよぼすことが多いため、妥協案としてわれわれ著者は、関連するリスクの埋め合わせと新しい版の出版費の充当を目的に、クラウドファンディングキャンペーンを立ち上げることに同意しました。フランス語版の解放キャンペーンはもう一度 Ulule で実施されました。
キャンペーンの目標は 30 日間 で €15,000 の資金を調達することでした。1 週間を待たずに目標額に到達し、最終的に 721 人の支援者から €25,518 もの資金を調達することに成功しました。
われわれ著者は数多くのフリーソフトウェアに理解を示す企業と組織から多大なる支援を受け続けていました。LinuxFr.org ウェブサイト、KorbenAddventureEco-CystèmesELOL SARLLinuvers、以上の皆様に感謝します。また、フランス語版の解放キャンペーンに関するニュースを広めることに大きく協力してくださった LinuxFr と Korben にも感謝しています。
数百人の人々がわれわれ著者の自由に対する価値観を共有し、これを支援するためにお金を寄付してくれたことで、フランス語版の解放キャンペーンは大きな成功を収めました。ありがとうございます。
25€ 以上の寄付をしてくださった方々に深く感謝しています。フランス語版の解放プロジェクトを信頼してくださったことをとてもうれしく思います。Adrien Guionie、Adrien Ollier、Adrien Roger、Agileo Automation、Alban Duval、Alex Viala、Alexandre Dupas、Alexandre Roman、Alexis Bienvenüe、Anthony Renoux、Aurélien Beaujean、Baptiste Darthenay、Basile Deplante、Benjamin Cama、Benjamin Guillaume、Benoit Duchene、Benoît Sibaud、Bornet、Brett Ellis、Brice Sevat、Bruno Le Goff、Bruno Marmier、Cédric Briner、Cédric Charlet、Cédrik Bernard、Celia Redondo、Cengiz Ünlü、Charles Flèche、Christian Bayle、Christophe Antoine、Christophe Bliard、Christophe Carré、Christophe De Saint Leger、Christophe Perrot、Christophe Robert、Christophe Schockaert、Damien Escoffier、David Dellier、David Trolle、Davy Hubert、Decio Valeri、Denis Marcq、Denis Soriano、Didier Hénaux、Dirk Linnerkamp、Edouard Postel、Eric Coquard、Eric Lemesre、Eric Parthuisot、Eric Vernichon、Érik Le Blanc、Fabian Culot、Fabien Givors、Florent Bories、Florent Machen、Florestan Fournier、Florian Dumas、François Ducrocq、Francois Lepoittevin、François-Régis Vuillemin、Frédéric Boiteux、Frédéric Guélen、Frédéric Keigler、Frédéric Lietart、Gabriel Moreau、Gian-Maria Daffré、Grégory Lèche、Grégory Valentin、Guillaume Boulaton、Guillaume Chevillot、Guillaume Delvit、Guillaume Michon、Hervé Guimbretiere、Iván Alemán、Jacques Bompas、Jannine Koch、Jean-Baptiste Roulier、Jean-Christophe Becquet、Jean-François Bilger、Jean-Michel Grare、Jean-Sébastien Lebacq、Jérôme Ballot、Jerome Pellois、Johan Roussel、Jonathan Gallon、Joris Dedieu、Julien Gilles、Julien Groselle、Kevin Messer、Laurent Espitallier、Laurent Fuentes、Le Goût Du Libre、Ludovic Poux、Marc Gasnot、Marc Verprat、Marc-Henri Primault、Martin Bourdoiseau、Mathieu Chapounet、Mathieu Emering、Matthieu Joly、Melvyn Leroy、Michel Casabona、Michel Kapel、Mickael Tonneau、Mikaël Marcaud、Nicolas Bertaina、Nicolas Bonnet、Nicolas Dandrimont、Nicolas Dick、Nicolas Hicher、Nicolas Karolak、Nicolas Schont、Olivier Gosset、Olivier Langella、Patrick Francelle、Patrick Nomblot、Philippe Gaillard、Philippe Le Naour、Philippe Martin、Philippe Moniez、Philippe Teuwen、Pierre Brun、Pierre Gambarotto、Pierre-Dominique Perrier、Quentin Fait、Raphaël Enrici — Root 42、Rémi Vanicat、Rhydwen Volsik、RyXéo SARL、Samuel Boulier、Sandrine D'hooge、Sébasiten Piguet、Sébastien Bollingh、Sébastien Kalt、Sébastien Lardière、Sébastien Poher、Sébastien Prosper、Sébastien Raison、Simon Folco、Société Téïcée、Stéphane Leibovitsch、Stéphane Paillet、Steve-David Marguet、Sylvain Desveaux、Tamatoa Davio、Thibault Taillandier、Thibaut Girka、Thibaut Poullain、Thierry Jaouen、Thomas Etcheverria、Thomas Vidal、Thomas Vincent、Vincent Avez、Vincent Merlet、Xavier Alt、Xavier Bensemhoun、Xavier Devlamynck、Xavier Guillot、Xavier Jacquelin、Xavier Neys、Yannick Britis、Yannick Guérin、Yves Martin、以上の皆様に感謝します。

5.4. 貢献者の方々に対する深い感謝

翻訳作業期間とその先で重要な役割を果たした一部の貢献者の方々がいなければ、本書をこのような形に完成させることができなかったでしょう。サンプル章を翻訳しわれわれ著者と協力していくつかの一般的な翻訳規則を定義した Marilyne Brun に感謝しています。さらに彼女は大きな補足が必要な一部の章を改訂しました。また、いくつかの章を翻訳した Baldwin Linguas の Anthony Baldwin にも感謝しています。
校正者の皆様からは惜しみない手助けを受けました。具体的には、Daniel Phillips、Gerold Rupprecht、Gordon Dey、Jacob Owens、Tom Syroid です。彼らは多くの章をレビューしてくださいました。本当にありがとうございます!
そして英語版が自由なライセンスにされたことで、当然ながら読者だけでなく本書を他の言語に翻訳すると約束した多くのチームからもたくさんのフィードバック、提案と修正をいただきました。ありがとうございます!
本書が本当に翻訳されるだけの価値があるということを確認できる良いコメントをわれわれ著者に知らせてくださったフランス語版の読者に感謝します。具体的には、Christian Perrier、David Bercot、Étienne Liétart、Gilles Roussi、以上の皆様に感謝します。Stefano Zacchiroli (クラウドファンディングキャンペーン中の Debian プロジェクトリーダー) には深く感謝しています。彼はわれわれ著者のプロジェクトを、自由な書籍が必要とされているというコメントを発表することで、快く推薦してくださいました。
もし皆様が本書のペーパーバック版を読んでいるのなら、われわれ著者と一緒に本書の内部デザインを担当した Benoît Guillon、Jean-Côme Charpentier、Sébastien Mengin に感謝しましょう。Benoît は dblatex (DocBook を LaTeX にそしてさらに PDF に変換するツール) の上流開発者です。Sébastien は素晴らしいレイアウトを制作したデザイナーで、Jean-Côme はレイアウトを dblatex で利用できるスタイルシートに実装した LaTeX の専門家です。皆さんの大変な努力に感謝しています!
最後に、各章に挿入されている素晴らしい挿絵を担当した Thierry Stempfel、本書の美しい表紙を担当した Doru Patrascu に感謝します。

5.5. 翻訳者へのお礼

本書のライセンスが自由なものになってからというもの、多くのボランティアが本書を活発に翻訳し続けており、本書はアラビア語、ブラジルポルトガル語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語などに翻訳されています。本書のウェブサイト上には翻訳言語の完全なリストが載せられています。http://debian-handbook.info/get/#other
われわれ著者は翻訳者および翻訳査読者の全員に感謝しています。翻訳版を作成する取り組みは大変ありがたいものです。なぜなら、翻訳版を作成することで英語を読めない何百万もの人々に Debian と出会う機会を提供することになるからです。

5.6. Raphaël からの個人的なお礼

まず初めに、私は本書を執筆する機会と執筆作業を完遂するまでの間に重要な助言を与えてくださった Nat Makarévitch に感謝します。さらに Eyrolles の素晴らしいチーム、特に Muriel Shan Sei Fan に感謝します。彼女は辛抱強く、私は彼女から多くのことを学びました。
Ulule でのキャンペーン期間は私にとって大変忙しい期間でしたが、キャンペーン成功の手助けをしてくれたすべての方々、特に数多くの要求に応えてくれた Ulule チームに感謝しています。さらにキャンペーンを宣伝してくれたすべての人に感謝しています。完全なリストはないのですが (完全なリストがあればおそらくそれは長すぎるものになるでしょう)、私に連絡をくれた幾人かの人に感謝します。OMG! Ubuntu の Joey-Elijah Sneddon と Benjamin Humphrey、LinuxFr.org の Florent Zara、Korben.info の Manu、April.org の Frédéric Couchet、Linux Weekly News の Jake Edge、Linux Mint の Clement Lefebvre、Distrowatch の Ladislav Bodnar、Debian-Administration.org の Steve Kemp、Debian-News.net の Christian Pfeiffer Jensen、LinuxScrew.com の Artem Nosulchik、Gandi.net の Stephan Ramoin、Bytemark.co.uk の Matthew Bloch、Divergence FM のチーム、Linux New Media の Rikki Kite、Jono Bacon、Eyrolles のマーケティングチーム、そして忘れてしまった非常に多くの人々 (ごめんなさい) に感謝します。
特に共著者である Roland Mas に感謝します。われわれ著者は初めからずっと本書を共同で作成し続けており、彼は常に挑戦的な課題に対して意欲的でした。Debian 管理者ハンドブックを完成させることは大変な作業でしたと言っておかなければいけません…。
最後に大切なことを言いますが、私の妻 Sophie にも感謝しています。彼女は私が本書および一般的な Debian の作業を行うことに対してとても協力的でした。私は幾日 (幾夜) も本書の作業のために 2 人の息子と一緒に彼女を放っておくことがありました。私は彼女の支援にとても感謝しており、そして彼女に巡り合えたことが非常に幸運なことだと思っています。

5.7. Roland からの個人的なお礼

さて、Raphaël が先にほとんどの「外部向けの」感謝の言葉を述べてくれました。さらに私は協力体制が常に心地よく順調だった Eyrolles のよい仲間たちに対して、私の個人的な感謝の気持ちを強調したいと思います。そして彼らの優れた助言が翻訳作業においても続くことを願っています。
私は英語版の出版に関連する事務的な部分を引き受けてくれたことを Raphaël に非常に感謝しています。ファンディングキャンペーンの企画から、本書のレイアウトの細部にいたるまで、翻訳版の作成は翻訳と校正だけでなくはるかにたくさんの作業が必要です。Raphaël はそのすべてを行い (代表および指揮し) ました。本当に感謝しています。
明確化や説明、翻訳のアドバイスを提供することで程度の差はあるにせよ本書に直接的な貢献をしてくださったすべての人に感謝しています。名前を挙げるには多すぎるほどの人が貢献してくださいました。貢献者のほとんどは #debian-* IRC チャンネルの参加者です。
もちろん先に挙げた人と重なる部分もありますが、実際に Debian を開発している人に特に感謝します。彼らがいなければ多くの書籍は存在しなかったでしょうし、私は今もなお、Debian プロジェクト全体が生み出したものと、Debian プロジェクト全体がそれを誰でも利用できるような状態にしていることに、驚かされています。
私は個人的に私の友人と依頼人が、本書に関する作業中に私の反応が遅かったことに理解を示してくれたこと、継続的に支援や激励や動機づけをしてくれたこと、に感謝しています。本人はそれが自分であることがわかるはずです。ありがとうございます。
最後になりましたが、Terry Pratchett、Jasper Fforde、Tom Holt、William Gibson、Neal Stephenson、そして故人である Douglas Adams に感謝します。彼らは間違いなくここで言及されたことに驚くと思いますが、私はここで感謝の意を表したいと思います。彼らの著書を楽しんだ無限の時間のおかげで、私はまず本書の翻訳に、後に新しいパートの執筆に直接的に参加できるようになりました。