Product SiteDocumentation Site

第 1 章 Debian プロジェクト

1.1. Debian とは?
1.1.1. マルチプラットフォームオペレーティングシステム
1.1.2. フリーソフトウェアの品質
1.1.3. 法律的枠組み: 非営利組織
1.2. 基本文書
1.2.1. ユーザに向けた約束
1.2.2. Debian フリーソフトウェアガイドライン
1.3. Debian プロジェクトの内部の仕組み
1.3.1. Debian 開発者
1.3.2. ユーザの積極的役割
1.3.3. チームとサブプロジェクト
1.4. Debian ニュースを追いかける
1.5. ディストリビューションの役割
1.5.1. インストーラ、debian-installer
1.5.2. ソフトウェアライブラリ
1.6. リリースライフサイクル
1.6.1. 実験版状態
1.6.2. 不安定版状態
1.6.3. テスト版への移行
1.6.4. テスト版から安定版への昇格
1.6.5. 旧安定版前旧安定版状態
Debian の技術について深く掘り下げる前に、Debian プロジェクトの本質、目的、方針、運営の仕方について少し見てみましょう。

1.1. Debian とは?

Debian は GNU/Linux ディストリビューションです。ディストリビューションとは何かについては第 1.5 節「ディストリビューションの役割」で詳しく議論していますが、ここでは以下の通り述べるだけに留めます。GNU/Linux ディストリビューションとは完全なオペレーティングシステムで、インストールと管理に必要なソフトウェアとシステムを備えており、Linux カーネルと (特に GNU プロジェクトからの) フリーソフトウェアを基盤にしています。
Ian Murdock が FSF の指導の下で Debian を作った 1993 年、彼は Debian マニフェストの中で、彼の求める自由なオペレーティングシステムは 2 つの重要な要件を満たさなければならない、という明確な目標を設定しました。1 つ目は品質です。Debian は Linux カーネルからの信頼に値するべく、非常に注意深く開発されるでしょう。2 つ目は非商用ディストリビューションであるということです。Debian は主要な商用ディストリビューションと比較しても、十分に信頼できるものになるでしょう。彼の考えによれば、この 2 つの野望は Linux や GNU プロジェクトとよく似た Debian 開発工程に従うことでのみ達成されます。つまり、ピアレビューにより Debian プロジェクトは継続して改善され続けるでしょう。

1.1.1. マルチプラットフォームオペレーティングシステム

草創期の理念に忠実であり続けている Debian は大きな成功を収め、今日では驚異的な規模に達しています。提供されている 12 種類のアーキテクチャは、10 種類のハードウェアアーキテクチャと 2 種類のカーネルにおよびます (カーネルについては Linux と FreeBSD ですが、FreeBSD ベースの移植版は公式サポートアーキテクチャではありません)。さらに、Debian には 21,000 種類を超えるソースパッケージがあるため、Debian ですぐに利用できるソフトウェアは、家庭であれ企業であれ、どのような要求でもほぼ満たすことができます。
ディストリビューション全体の規模が大きいのが不便なこともあります: 標準的な PC 向けの完全版をインストールするために、84 枚もの CD-ROM を配布するのは本当に無意味なことです…。このため、Debian は次第に「メタディストリビューション」として捉えられるようになってきています。メタディストリビューションとは、特定の利用者向けにさらに限定的な用途に適したディストリビューション (たとえば、従来のデスクトップ用途向けの Debian-Desktop、学術環境で利用される教育および教育学的利用向けの Debian-Edu、医学的応用向けの Debian-Med、幼児向けの Debian-Junior など) を作るための基盤になるディストリビューションを意味しています。サブプロジェクトについての節により完全なリストが載っていますので、第 1.3.3.1 節「現存する Debian サブプロジェクト」を参照してください。
Debian を構成する要素は明確に定義された枠組みに従って整理されているため、さまざまな「サブディストリビューション」間で問題なく互換性が保証されています。サブディストリビューションは、Debian での新バージョンのリリース要綱に従います。サブディストリビューションは Debian と同じ基盤の上に成り立っているため、Debian リポジトリから入手できるアプリケーションを使って簡単に拡張し、洗練し、特徴を出すことが可能です。
特定の Debian ツール、これらすべてのおかげで、サブディストリビューションは Debian から供される基盤を利用できます: debian-cd は、事前に選択したパッケージだけを含む CD-ROM 群を作成するためにずっと使われているツールです。debian-installer は、モジュール式のインストーラーであり、特別な用途向けに簡単に適応させることができます。APT は、さまざまな場所からパッケージをインストールしてもシステム全体の整合性を保証してくれるツールです。

1.1.2. フリーソフトウェアの品質

Debian はフリーソフトウェアのすべての原則に従い、準備が整うまで新バージョンをリリースしません。開発者は、締め切りに間に合わせる目的で決められたスケジュールに従うことを強制されません。Debian が安定版のリリースに長い時間をかけている点はたびたび苦情の対象になってきましたが、Debian の伝説的な信頼性はフリーソフトウェアの原則を守ることで確保されてきました。すなわち「安定版」を冠する完全なディストリビューションにとっては、テストに長い時間をかけることが必須なのです。
Debian は品質に関して妥協しません: すべての既知のクリティカルバグは新しいバージョンで修正されます。たとえバグ修正が当初計画されていたリリース日を遅らせることになったとしても、です。

1.1.3. 法律的枠組み: 非営利組織

法律的に言えば Debian は米国の非営利なボランティア組織が管理するプロジェクトです。Debian プロジェクトにはおよそ千人の Debian 開発者がいますが、はるかに多くの貢献者 (翻訳者、バグ報告者、アーティスト、一時的な開発者など) が集まっています。
Debian は自身の使命を実現させるために、多くのスポンサーが提供するインターネットに接続された多数のサーバを含む巨大なインフラを持っています。