Product SiteDocumentation Site

4. 本書の構造

本書はフランスの出版社 Eyrolles の「Administrator's Handbook」シリーズを起源としており、このシリーズと同様の、文章と図を使って取り上げられたすべてのトピックを解説しながらケーススタディを中心に話を展開する、方針を採っています。
第 1 章では Debian プロジェクトの技術的でない部分に注目し、プロジェクトの目標と組織について説明します。これは重要な視点です。なぜなら、Debian プロジェクトの目標と組織が Debian の一般的な運営方針を規定しているからです。Debian の一般的な運営方針は他の章で具体的な情報を伴って説明されています。
第 2 章と第 3 章では本書で取り上げるケーススタディの概略を述べています。この時点で、新米管理者の皆様は付録 B を読んでください。付録 B では多くの基本的なコンピュータに関する概念と Unix システム全般に内在する概念が説明されています。
実際の作業を行うマシンを準備するためにはインストール作業 (第 4 章) から始めるのが自然です。さらに第 5 章と第 6 章では、すべての Debian 管理者が使う基本的なツールである APT ファミリーが紹介されています。APT ファミリーは Debian ディストリビューションの素晴らしい評価に大きく貢献しています。第 5 章と第 6 章は専門家のためだけに用意された章ではありません。なぜなら、自宅では誰もが自分自身を管理する立場になるからです。
第 7 章は導入部としての重要な役割を担っています。この章では、問題の解決に向けて、文書を効果的に使い問題を素早く理解するための作業手順が説明されています。
これ以降の章では Debian のシステムをより詳細に案内しています、基礎的な構造とサービスに始まり (第 8 章から第 10 章)、第 13 章ではユーザアプリケーションまで進みます。第 12 章ではより高度なテーマ、(サーバを含む) 巨大なコンピュータ群の管理者がより強い関心を寄せるテーマ、を取り上げています。一方で第 14 章ではコンピュータセキュリティに関する広範な問題について簡単に紹介し、多くの問題を避けるためのコツを挙げています。
第 15 章はさらに踏み込んで自分で Debian パッケージを作りたいと考えている管理者のための章です。
現行版は既に本書の第 7 版です (この中にはフランス語版しか出版されていなかった初期の 4 つの版も含まれています)。現行版は Debian バージョン 8、コードネーム Jessie、を対象に書かれています。Jessie で行われた数ある変更の中でも特に注目すべきは、Debian が今や 64 ビット ARM プロセッサ向けの arm64 アーキテクチャとリトルエンディアン 64 ビット PowerPC プロセッサ向けの ppc64el アーキテクチャ (IBM が設計して、OpenPOWER 財団を介してさまざまな製造業者がライセンス生産しています) という 2 種類の新しいアーキテクチャをサポートするようになったという点です。逆に、一部のアーキテクチャ (sparcia64) は開発を続けていくだけのボランティアの数が不足したためにサポートから外れました (これはつまり、関連するハードウェアが古くなり開発作業に取り組むだけの魅力がなくなったという事実を反映しています)。一部のアーキテクチャは (不安定版ディストリビューションを使えば) まだ入手できますが、公開可の合格証をもらうことはできませんでした。具体的には hurd-i386kfreebsd-i386kfreebsd-amd64 がこのようなアーキテクチャに該当します。Jessie で提供されるすべてのパッケージはもちろん最新の状態にあり、GNOME デスクトップのパッケージには GNOME 3.14 が含まれています。さらに興味深いことに、2 種類の代替デスクトップが利用できるようになっています。つまり Cinnamon (Linux Mint が自分用に作成した GNOME Shell のフォーク) と MATE (GNOME 2.x デスクトップの継続版) が利用できるようになっています。
補注には注意とコメントが付記されています。補注にはさまざまな役割があります。具体的には、扱いにくい点に対する注意、ケーススタディに対する考え方の補足、専門用語の定義、リマインダの提供などの役割を果たしています。以下に補注で最もよく使われている見出しのリストを示します。