Product SiteDocumentation Site

5.4. dpkg を用いたパッケージの操作

dpkg はシステムの Debian パッケージを操作する基礎的なコマンドです。.deb パッケージがあれば、dpkg でパッケージ内容をインストールしたり解析したりすることが可能です。しかし dpkg は Debian 世界のある一部分だけを見ているに過ぎません。つまり、dpkg は、システムにインストール済みのパッケージとコマンドラインで与えられたパッケージについては理解していますが、他の利用できるパッケージについては理解していません。このため、dpkg は依存関係が満足されていなければパッケージを操作できません。これに対して、apt などのツールは、可能な限り自動的にすべてをインストールするために、依存関係のリストを作成します。

5.4.1. パッケージのインストール

dpkg は既に利用できる Debian パッケージのインストールを担当しているツールです (ダウンロード機能を持っていません)。dpkg を使ってパッケージをインストールするには、-i または --install オプションを使ってください。

例 5.2 dpkg を使ったパッケージのインストール

# dpkg -i man-db_2.7.0.2-5_amd64.deb
(データベースを読み込んでいます ... 現在 86425 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
man-db_2.7.0.2-5_amd64.deb を展開する準備をしています ...
man-db (2.7.0.2-5) で (2.7.0.2-4 に) 上書き展開しています ...
man-db (2.7.0.2-5) を設定しています ...
Updating database of manual pages ...
mime-support (3.58) のトリガを処理しています ...
dpkg の実行する各作業段階が見て取れます。このため、どの時点でエラーが起きたかを識別できます。インストールを 2 段階に分けて実行することも可能です。具体的に言えば、最初が展開、その後に設定です。apt-get はこれをうまく利用して、dpkg を呼び出す回数を減らしています (なぜなら dpkg は呼び出される度にデータベース、特にインストール済みファイルのリスト、をメモリに読み込むため効率が悪いからです)。

例 5.3 展開と設定を分けて実行

# dpkg --unpack man-db_2.7.0.2-5_amd64.deb
(データベースを読み込んでいます ... 現在 86425 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
man-db_2.7.0.2-5_amd64.deb を展開する準備をしています ...
man-db (2.7.0.2-5) で (2.7.0.2-5 に) 上書き展開しています ...
mime-support (3.58) のトリガを処理しています ...
# dpkg --configure man-db
man-db (2.7.0.2-5) を設定しています ...
Updating database of manual pages ...
dpkg がパッケージのインストールに失敗し、エラーを返すことがあります。さらに、ユーザがインストールの失敗を無視するように命令すれば、警告が表示されるでしょう。すなわちこれが多くの --force-* 系オプションが用意されている理由です。dpkg の文書によれば dpkg --force-help コマンドでこれらのオプションの完全なリストを見ることが可能です。最もよく目にするエラーはファイルの衝突で、遅かれ早かれこのエラーに遭遇するのは避けられません。パッケージが他のパッケージによってインストール済みのファイルを含んでいる場合、dpkg はパッケージのインストールを拒否します。その場合、以下のメッセージが表示されます。
libgdm (.../libgdm_3.8.3-2_amd64.deb) を展開しています...
パッケージ /var/cache/apt/archives/libgdm_3.8.3-2_amd64.deb の処理中にエラーが発生しました (--unpack):
'/usr/bin/gdmflexiserver' を上書きしようとしています。これはパッケージ gdm3 3.4.1-9 にも存在します
この場合、ファイルを置き換えてもシステムの安定度は大きく損なわれない (通常は損なわれません) と考えるなら、--force-overwrite オプションを使うことで dpkg はこのエラーを無視してファイルを上書きします。
--force-* 系のオプションはたくさんありますが、日常的に使うのは --force-overwrite だけです。--force-* 系のオプションは例外的状況のためだけに用意されており、パッケージングメカニズムの定める標準規則を尊重するためには、これらのオプションを使うことは可能な限り避けるべきです。これらの標準規則はシステムの整合性と安定性を守るものであることを忘れないでください。

5.4.2. パッケージの削除

dpkg-r または --remove オプションを付け、さらにパッケージの名前を指定して実行すれば、指定したパッケージが削除されます。しかしながらこの削除は完璧ではありません。具体的に言えば、パッケージが取り扱うすべての設定ファイル、メンテナスクリプト、ログファイル (システムログ)、その他のユーザデータは残されたままです。プログラムを無効化するには、この方法でパッケージをアンインストールしてください。そうすれば、削除したパッケージを同じ設定で再インストールして素早く利用できる状態にすることもまだ可能です。パッケージに関連するすべてを完全に削除するには、dpkg-P または --purge オプションを付け、さらにパッケージの名前を指定して実行してください。

例 5.4 debian-cd パッケージの削除と完全削除

# dpkg -r debian-cd
(データベースを読み込んでいます ... 現在 97747 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
debian-cd (3.1.17) を削除しています ...
# dpkg -P debian-cd
(データベースを読み込んでいます ... 現在 97401 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
debian-cd (3.1.17) を削除しています ...
debian-cd (3.1.17) の設定ファイルを削除しています ...

5.4.3. dpkg のデータベースへの問い合わせと .deb ファイルの調査

この節を締め括る前に、内部データベースに問い合わせて情報を得る際に使う dpkg のオプションについて学びましょう。各オプションは最初に長いオプション、その後に対応する短いオプション (両者は同じ引数を取るのは明らかです) のように記載しています。--listfiles package (または -L) は与えられたパッケージがインストールするファイルを表示します。--search file (または -S) はファイルを含むパッケージを探します。--status package (または -s) はインストールされたパッケージのヘッダを表示します。--list (または -l) はシステムが把握しているパッケージのリストとその状態を表示します。--contents file.deb (または -c) は指定された Debian パッケージに含まれるファイルを表示します。--info file.deb (または -I) は指定された Debian パッケージのヘッダを表示します。

例 5.5 dpkg にさまざまな情報を問い合わせる

$ dpkg -L base-passwd
/.
/usr
/usr/sbin
/usr/sbin/update-passwd
/usr/share
/usr/share/lintian
/usr/share/lintian/overrides
/usr/share/lintian/overrides/base-passwd
/usr/share/doc-base
/usr/share/doc-base/users-and-groups
/usr/share/base-passwd
/usr/share/base-passwd/group.master
/usr/share/base-passwd/passwd.master
/usr/share/man
/usr/share/man/pl
/usr/share/man/pl/man8
/usr/share/man/pl/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/ru
/usr/share/man/ru/man8
/usr/share/man/ru/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/ja
/usr/share/man/ja/man8
/usr/share/man/ja/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/fr
/usr/share/man/fr/man8
/usr/share/man/fr/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/es
/usr/share/man/es/man8
/usr/share/man/es/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/de
/usr/share/man/de/man8
/usr/share/man/de/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/man/man8
/usr/share/man/man8/update-passwd.8.gz
/usr/share/doc
/usr/share/doc/base-passwd
/usr/share/doc/base-passwd/users-and-groups.txt.gz
/usr/share/doc/base-passwd/changelog.gz
/usr/share/doc/base-passwd/copyright
/usr/share/doc/base-passwd/README
/usr/share/doc/base-passwd/users-and-groups.html
$ dpkg -S /bin/date
coreutils: /bin/date
$ dpkg -s coreutils
Package: coreutils
Essential: yes
Status: install ok installed
Priority: required
Section: utils
Installed-Size: 13855
Maintainer: Michael Stone <mstone@debian.org>
Architecture: amd64
Multi-Arch: foreign
Version: 8.23-3
Replaces: mktemp, realpath, timeout
Pre-Depends: libacl1 (>= 2.2.51-8), libattr1 (>= 1:2.4.46-8), libc6 (>= 2.17), libselinux1 (>= 2.1.13)
Conflicts: timeout
Description: GNU core utilities
 This package contains the basic file, shell and text manipulation
 utilities which are expected to exist on every operating system.
 .
 Specifically, this package includes:
 arch base64 basename cat chcon chgrp chmod chown chroot cksum comm cp
 csplit cut date dd df dir dircolors dirname du echo env expand expr
 factor false flock fmt fold groups head hostid id install join link ln
 logname ls md5sum mkdir mkfifo mknod mktemp mv nice nl nohup nproc numfmt
 od paste pathchk pinky pr printenv printf ptx pwd readlink realpath rm
 rmdir runcon sha*sum seq shred sleep sort split stat stty sum sync tac
 tail tee test timeout touch tr true truncate tsort tty uname unexpand
 uniq unlink users vdir wc who whoami yes
Homepage: http://gnu.org/software/coreutils
$ dpkg -l 'b*'
要望=(U)不明/(I)インストール/(R)削除/(P)完全削除/(H)保持
| 状態=(N)無/(I)インストール済/(C)設定/(U)展開/(F)設定失敗/(H)半インストール/(W)トリガ待ち/(T)トリガ保留
|/ エラー?=(空欄)無/(R)要再インストール (状態,エラーの大文字=異常)
||/ 名前                    バージョン       アーキテクチャ   説明
+++-=======================-================-================-====================================================
un  backupninja             <なし>           <なし>           (説明 (description) がありません)
ii  backuppc                3.3.0-2          amd64            high-performance, enterprise-grade system for backin
un  base                    <なし>           <なし>           (説明 (description) がありません)
un  base-config             <なし>           <なし>           (説明 (description) がありません)
ii  base-files              8                amd64            Debian base system miscellaneous files
ii  base-passwd             3.5.37           amd64            Debian base system master password and group files
[...]
$ dpkg -c /var/cache/apt/archives/gnupg_1.4.18-6_amd64.deb
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./lib/
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./lib/udev/
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./lib/udev/rules.d/
-rw-r--r-- root/root      2711 2014-12-05 07:03 ./lib/udev/rules.d/60-gnupg.rules
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./usr/
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/
-rwxr-xr-x root/root     39328 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/gpgkeys_ldap
-rwxr-xr-x root/root     92872 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/gpgkeys_hkp
-rwxr-xr-x root/root     47576 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/gpgkeys_finger
-rwxr-xr-x root/root     84648 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/gpgkeys_curl
-rwxr-xr-x root/root      3499 2014-12-05 07:03 ./usr/lib/gnupg/gpgkeys_mailto
drwxr-xr-x root/root         0 2014-12-05 07:03 ./usr/bin/
-rwxr-xr-x root/root     60128 2014-12-05 07:03 ./usr/bin/gpgsplit
-rwxr-xr-x root/root   1012688 2014-12-05 07:03 ./usr/bin/gpg
[...]
$ dpkg -I /var/cache/apt/archives/gnupg_1.4.18-6_amd64.deb
 新形式 debian パッケージ、バージョン 2.0。
 サイズ 1148362 バイト: コントロールアーカイブ = 3422 バイト。
    1264 バイト、   26 行      control              
    4521 バイト、   65 行      md5sums              
     479 バイト、   13 行   *  postinst             #!/bin/sh
     473 バイト、   13 行   *  preinst              #!/bin/sh
 Package: gnupg
 Version: 1.4.18-6
 Architecture: amd64
 Maintainer: Debian GnuPG-Maintainers <pkg-gnupg-maint@lists.alioth.debian.org>
 Installed-Size: 4888
 Depends: gpgv, libbz2-1.0, libc6 (>= 2.15), libreadline6 (>= 6.0), libusb-0.1-4 (>= 2:0.1.12), zlib1g (>= 1:1.1.4)
 Recommends: gnupg-curl, libldap-2.4-2 (>= 2.4.7)
 Suggests: gnupg-doc, libpcsclite1, parcimonie, xloadimage | imagemagick | eog
 Section: utils
 Priority: important
 Multi-Arch: foreign
 Homepage: http://www.gnupg.org
 Description: GNU privacy guard - a free PGP replacement
  GnuPG is GNU's tool for secure communication and data storage.
  It can be used to encrypt data and to create digital signatures.
  It includes an advanced key management facility and is compliant
  with the proposed OpenPGP Internet standard as described in RFC 4880.
[...]

5.4.4. dpkg のログファイル

dpkg/var/log/dpkg.log に作業のすべてを記録します。/var/log/dpkg.log は極めて詳細です。なぜなら /var/log/dpkg.log には dpkg がパッケージに対して行った操作の各段階すべてが詳しく記録されているからです。dpkg の挙動を追跡する方法を提供することに加えて、/var/log/dpkg.log はシステムの変化の履歴を保存するのに役立ちます。すなわち、パッケージがインストールされたり更新された正確な日時を探すことが可能ですし、この情報は最近の挙動変化を理解するのに極めて役立ちます。加えて、すべてのバージョンが記録されていますから、注目しているパッケージの changelog.Debian.gz またはオンラインバグ報告と情報を簡単に照合できます。

5.4.5. マルチアーキテクチャサポート

すべての Debian パッケージは control ファイルの中に Architecture フィールドを持っています。Architecture フィールドでは「all」(アーキテクチャに依存しないパッケージ) または対象のアーキテクチャの名前 (「amd64」、「armhf」など) のどちらか一方を指定します。対象アーキテクチャの名前が指定されていた場合、初期設定では dpkgdpkg --print-architecture で返されるホストのアーキテクチャと一致するアーキテクチャ向けのパッケージのインストールだけを受け入れます。
この制約は、ユーザが異なるアーキテクチャ向けにコンパイルされたバイナリを使う羽目にならないようにしています。コンピュータが複数のアーキテクチャのバイナリを実行できる場合、たとえば元から可能な場合 (「amd64」システムは「i386」バイナリを実行できます) やエミュレータを介すことで可能になる場合、を除けばこの制約は合理的と言えます。

5.4.5.1. マルチアーキテクチャの有効化

dpkg のマルチアーキテクチャサポートのおかげで、ユーザは現在のシステムにインストールできる「外来アーキテクチャ」を定義できます。これを行うには、以下に示す通り dpkg --add-architecture を使ってください。関連して、dpkg --remove-architecture は外来アーキテクチャのサポートを取り消しますが、取り消したいアーキテクチャのパッケージが残っていた場合には失敗します。
# dpkg --print-architecture
amd64
# dpkg --print-foreign-architectures
# dpkg -i gcc-4.9-base_4.9.1-19_armhf.deb
dpkg: アーカイブ gcc-4.9-base_4.9.1-19_armhf.deb の処理中にエラーが発生しました (--install):
 パッケージアーキテクチャ (armhf) がシステム (amd64) と一致しません
処理中にエラーが発生しました:
 gcc-4.9-base_4.9.1-19_armhf.deb
# dpkg --add-architecture armhf
# dpkg --add-architecture armel
# dpkg --print-foreign-architectures
armhf
armel
# dpkg -i gcc-4.9-base_4.9.1-19_armhf.deb
以前に未選択のパッケージ gcc-4.9-base:armhf を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 86425 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
gcc-4.9-base_4.9.1-19_armhf.deb を展開する準備をしています ...
gcc-4.9-base:armhf (4.9.1-19) を展開しています...
gcc-4.9-base:armhf (4.9.1-19) を設定しています ...
# dpkg --remove-architecture armhf
dpkg: エラー: データベースで現在使用中のアーキテクチャ 'armhf' を削除できません
# dpkg --remove-architecture armel
# dpkg --print-foreign-architectures
armhf

5.4.5.2. マルチアーキテクチャ関連の変更

マルチアーキテクチャを実際に有益で使いやすいものにするためには、ライブラリをもう一度パッケージングし直さなければいけませんでした。さらに複数のコピー (異なるアーキテクチャ向けのパッケージ) を同時にインストールできるようにするために、マルチアーキテクチャ専用のディレクトリにライブラリを移動しなければいけませんでした。このようにして更新されたパッケージには、このパッケージはアーキテクチャが違っても安全に同時インストールできること (そしてこのパッケージは自分と異なるアーキテクチャのパッケージの依存関係を満足することはできないこと) をパッケージングシステムに伝えるための「Multi-Arch: same」ヘッダフィールドが含まれています。マルチアーキテクチャモードは Debian Wheezy で初登場しましたから、まだすべてのライブラリが変換されたわけではありません。
$ dpkg -s gcc-4.9-base
dpkg-query: エラー: --status は有効なパッケージ名を必要としますが、`gcc-4.9-base' はそうではありません: 1つ以上のインストール済み実体がある、あいまいなパッケージ名 'gcc-4.9-base' です

パッケージ照会についてのヘルプには、--help を使用してください。
$ dpkg -s gcc-4.9-base:amd64 gcc-4.9-base:armhf | grep ^Multi
Multi-Arch: same
Multi-Arch: same
$ dpkg -L libgcc1:amd64 |grep .so
/lib/x86_64-linux-gnu/libgcc_s.so.1
$ dpkg -S /usr/share/doc/gcc-4.9-base/copyright
gcc-4.9-base:amd64, gcc-4.9-base:armhf: /usr/share/doc/gcc-4.9-base/copyright
Multi-Arch: same パッケージを取り扱う際には、パッケージの名前にアーキテクチャの限定詞を付けて対象を明確に識別しなければいけない点は注目に値します。Multi-Arch: same パッケージは対象アーキテクチャの異なる同じパッケージ間でファイルを共有しているかもしれません。さらに対象アーキテクチャの異なる同じパッケージ間でファイルが共有されている場合、dpkg は共有されているファイルがビット単位で一致することを確認します。最後に重要なことですが、パッケージは対象アーキテクチャごとにバージョンが違ってはいけません。対象アーキテクチャの異なるパッケージも必ず同時にアップグレードされなければいけません。
マルチアーキテクチャサポートによって、依存関係の取り扱い方法にいくつかの興味深い挑戦がなされました。あるパッケージの依存関係を満足させるためには、必要とされる側のパッケージは「Multi-Arch: foreign」と宣言されているか、依存パッケージ群の 1 つのパッケージとアーキテクチャが一致しているかのどちらか一方を満足させる必要があります (依存関係解決処理中、アーキテクチャに依存しないパッケージはホストと同じアーキテクチャと仮定されます)。package:any 構文はどんなアーキテクチャでも依存関係を満足できることを意味しますが、外来パッケージを使って package:any 構文で表記された依存関係を満足できるのは「Multi-Arch: allowed」と宣言されていた場合のみです。