Product SiteDocumentation Site

13.8. オフィススイート

長きにわたり、フリーソフトウェア世界にはオフィスソフトウェアが存在しませんでした。そして長きにわたり、ユーザは Word や Excel などの Microsoft ツールの代替を望んでいました。しかし Microsoft ツールはとても複雑で、その代替品の開発は難しい作業でした。(Sun が StarOffice コードを自由なライセンスにすることを発表したことに続いて) OpenOffice.org プロジェクトが始まったことにより、この状態は変わりました。現在の Debian は OpenOffice.org のフォークである Libre Office を備えています。GNOME と KDE プロジェクトはまだ自前のオフィスソフトウェア (GNOME Office と Calligra Suite) を開発し続けており、この友好的な競争は興味深い結果を生んでいます。たとえば、Gnumeric スプレッドシート (GNOME Office の一部) はある分野において (特に計算の精度の点で) OpenOffice.org/Libre Office よりも優れています。文書作成の分野では、まだ OpenOffice.org と Libre Office スイートの方が優れています。
ユーザ側から見たもう一つの重要な要素は誰かから受け取ったりアーカイブから見つけた Word や Excel 文書をインポートする能力です。すべてのオフィススイートには Word や Excel 文書を取り扱うためのフィルタが備えられているにも関わらず、OpenOffice.org と Libre Office のフィルタを除けば日常の使用に耐えうるものではありません。
Libre Office と Calligra Suite はそれぞれ libreofficecalligra Debian パッケージに含まれています。GNOME Office のパッケージは Jessie に含まれません (以前のバージョンには gnome-office パッケージの形で含まれます)。Libre Office 用の言語依存パックは別パッケージの形で配布されています。具体的に言えば libreoffice-l10n-*libreoffice-help-* が最も重要です。スペル辞書、禁則処理パターン、類語集などのいくつかの機能は別のパッケージになっています。たとえば myspell-*/hunspell-*hyphen-*mythes-* などです。また、Calligra Suite は以前 KOffice と呼ばれていたことに注意してください。