Product SiteDocumentation Site

A.2. Ubuntu

Ubuntu がフリーソフトウェア世界に登場した時、Ubuntu は一大旋風を巻き起こしました。これは次の正当な理由があります。なぜなら、Ubuntu ディストリビューションを作った企業である Canonical Ltd. は 30 人程度の Debian 開発者を雇用して創設されており、そして 1 年に 2 回新リリースを行う一般人向けのディストリビューションを提供するという大規模な目標を公式に宣言したからです。さらに Canonical Ltd. はそれぞれのバージョンを 18 カ月間メンテナンスすることも表明しました。
これらの目標を達成するために対象範囲を狭める必要がありました。このため Ubuntu は Debian よりも数少ないパッケージに重点的に取り組んでおり、主として GNOME デスクトップに依存しています (しかしながら、公式の Ubuntu 派生物である「Kubuntu」は KDE に依存しています)。すべては国際化されており、数多くの言語で利用できるようにされています。
今のところ、Ubuntu はリリース周期を保つように管理されています。Ubuntu は長期サポート (LTS) リリースを公開しており、これは 5 年間のメンテナンス期間を保証しています。2015 年 4 月の時点で、現在の LTS 版は Utopic Unicorn という愛称のバージョン 14.04、最新の通常版は Vivid Vervet という愛称の 15.04 です。バージョン番号はリリース日を表しています。たとえば、15.04 は 2015 年 4 月にリリースされたことを意味しています。
Ubuntu は一般人に広く支持されるようになりました。数百万のユーザが Ubuntu のインストールの簡単さとデスクトップを簡単に使えるようにするという Ubuntu の業績に感銘を受けました。
過去、Ubuntu と Debian には緊張関係がありました。そして Ubuntu が Debian に対して直接的に貢献することに大きな希望を託した Debian 開発者は Canonical のマーケティング (これは Ubuntu はフリーソフトウェア世界の善良な市民だったことを暗黙のうちに示していました) と実践方法 (Ubuntu は Debian パッケージに対して適用した変更を公開するに過ぎませんでした) の違いに落胆しました。年月を重ねるに連れて状況は改善しつつあり、現在の Ubuntu はパッチを最も適切な場所に送付するという慣行をよく守っています (しかしながら、この慣行は Ubuntu がパッケージングを行った外部ソフトウェアだけに適用され、Mir や Unity などの Ubuntu 特有のソフトウェアには適用されていません)。