Product SiteDocumentation Site

13.5. ウェブブラウザ

Epiphany は GNOME スイートのウェブブラウザで、Safari ブラウザ向けに Apple が開発した WebKit レンダリングエンジンを使います。対応するパッケージは epiphany-browser です。
Konqueror は KDE のファイルマネージャで、ウェブブラウザとしても機能します。Konqueror は KDE 特製の KHTML レンダリングエンジンを使います。そして KHTML は、Apple の WebKit が KHTML を基にしているという事実が証明しているように、素晴らしいエンジンです。Konqueror は konqueror パッケージに含まれます。
Epiphany や Konqueror では満足できないユーザは Iceweasel を使うことが可能です。Iceweasel は iceweasel に含まれ、Mozilla プロジェクトの Gecko レンダリングエンジンを使い、簡素で拡張できるインターフェースを備えています。
Iceweasel ウェブブラウザ

図 13.7 Iceweasel ウェブブラウザ

最後に重要なことを述べますが、Debian には Chromium ウェブブラウザが含まれています (chromium-browser パッケージから利用できます)。Chromium ブラウザは Google で急速に開発されました。その開発速度は Debian Jessie のメンテナンス期間全体にわたって Chromium の単一のバージョンだけメンテナンスすることが意味を成さなくなるほどの速度です。Chromium の明確な目標は、ブラウザ性能を最適化しユーザの安全性を向上させることで、ウェブサービスをより魅力的なものにすることです。Chromium を構成する自由なコードは Google Chrome と呼ばれるプロプライエタリ版でも使われています。