Product SiteDocumentation Site

第 4 章 インストール

4.1. インストール方法
4.1.1. CD-ROM/DVD-ROM からのインストール
4.1.2. USB メモリからの起動
4.1.3. ネットワークブート経由のインストール
4.1.4. その他のインストール方法
4.2. インストール作業の各段階
4.2.1. 起動とインストーラの開始
4.2.2. 言語の選択
4.2.3. 国の選択
4.2.4. キーボードレイアウトの選択
4.2.5. ハードウェアの検出
4.2.6. コンポーネントの読み込み
4.2.7. ネットワークハードウェアの検出
4.2.8. ネットワークの設定
4.2.9. 管理者パスワード
4.2.10. 1 人目のユーザの作成
4.2.11. 時刻の設定
4.2.12. ディスクや他のデバイスの検出
4.2.13. パーティショニングツールの開始
4.2.14. 基本システムのインストール
4.2.15. パッケージマネージャ (apt) の設定
4.2.16. Debian パッケージ人気コンテスト
4.2.17. インストールするパッケージの選択
4.2.18. GRUB ブートローダのインストール
4.2.19. インストールの完了と再起動
4.3. 初回起動の後
4.3.1. 追加ソフトウェアのインストール
4.3.2. システムのアップグレード
Debian を使うには、コンピュータにインストールする必要があります。そしてインストール作業を担当しているのが debian-installer プログラムです。適切なインストール作業は多くの手順からなります。この章ではそれぞれの手順を時系列順に概説します。
Jessie 向けのインストーラは debian-installer を使っています。debian-installer の採用するモジュール式設計のおかげで、インストーラはさまざまな状況下で動作し、進化し、変化に適応することが可能です。数多くのアーキテクチャをサポートすることで生じる制限にも関わらず、インストールの各段階でユーザを補助することにより、インストーラは初心者にとても優しいものになっています。自動ハードウェア検出、ガイド付きのパーティショニング、グラフィカルユーザインターフェースのおかげで、初心者が Debian を使い始めた初期に直面するほとんどの問題は解決されています。
インストール作業を行うには 80 MB の RAM (ランダムアクセスメモリ) と最低 700 MB のハードドライブの空き領域が必要です。Falcot のすべてのコンピュータはこの基準を満足しています。しかし、これらの数字はグラフィカルデスクトップを含まない、極めて限定されたシステムをインストールする際の最低要件であるということに注意してください。一般的なオフィスデスクトップワークステーション用途では、最低でも 512 MB の RAM と 5 GB のハードドライブの空き領域が推奨されます。

4.1. インストール方法

Debian システムは、マシンの BIOS が対応していれば、さまざまな種類のメディアからインストールできます。たとえば、CD-ROM、USB メモリ、さらにネットワーク経由からも起動できます。

4.1.1. CD-ROM/DVD-ROM からのインストール

システムのインストール時に最も広く使われている方法が CD-ROM (DVD-ROM を使っても全く同じです) からインストールする方法です。具体的に言えば、コンピュータは CD-ROM や DVD-ROM から起動され、インストールプログラムが以降の作業を引き継ぎます。
Debian はさまざまな種類の CD-ROM を用意しており、各 CD-ROM は別々の用途向けに設計されています。たとえば netinst (ネットワークインストール) にはインストーラと Debian 基本システムが含まれており、従ってそれ以外のプログラムはダウンロードされます。netinst の「イメージ」はディスクと完全に同じ内容の ISO-9660 ファイルシステムで、そのサイズは 150 から 280 MB 程度です (イメージのサイズはアーキテクチャに依存します)。一方で、完全版にはすべてのパッケージが含まれ、インターネットにアクセスできないコンピュータにシステムをインストールすることが可能です。従ってこれには 84 枚程度の CD-ROM が必要です (DVD-ROM の場合は 12 枚程度、Blu-ray ディスクの場合は 2 枚程度です)。プログラムは人気と重要度に基づいてディスクごとに分けられています。従って多くの場合、最もよく使われているソフトウェアが含まれている最初の 3 枚のディスクがあれば十分でしょう。
最後のイメージは mini.iso としても知られており、インストーラの副産物として入手できます。このイメージにはネットワークを設定するために必要な最小限の要素だけが含まれており、その他の要素はすべてダウンロードされます (インストーラの部品もダウンロードします。このため、インストーラの新バージョンがリリースされた時点でこのイメージは使えなくなります)。mini.iso のイメージは普通の Debian アーカイブミラーの dists/release/main/installer-arch/current/images/netboot/ ディレクトリの下に配置されています。
Debian のインストール用 CD-ROM を作るためには、CD-ROM イメージをダウンロードして、ディスクに書き込む必要があります。Debian インストール用 CD-ROM は購入することも可能で、これはプロジェクトに対する幾ばくかの資金援助になります。CD-ROM イメージ業者とダウンロード場所のリストがウェブサイトで公開されています。

4.1.2. USB メモリからの起動

多くのコンピュータは USB デバイスから起動できるため、USB メモリ (これは単なるフラッシュメモリディスクに過ぎません) から Debian をインストールすることも可能です。
インストールマニュアルでは debian-installer を含む USB メモリを作成する方法が説明されています。USB メモリの作成手順は極めて単純です。なぜなら、i386 と amd64 アーキテクチャ用の ISO イメージは CD-ROM からだけでなく USB メモリからも起動できるハイブリッドイメージになっているからです。
最初に USB メモリのデバイス名を確認しなければいけません (たとえば /dev/sdb です)。これを行う最も簡単な方法が dmesg コマンドを使ってカーネルの出したメッセージを確認する方法です。次に前もってダウンロードしておいた ISO イメージ (たとえば debian-8.0.0-amd64-i386-netinst.iso) を cat debian-8.0.0-amd64-i386-netinst.iso >/dev/sdb; sync というコマンドを実行してコピーしなければいけません。このコマンドは USB メモリに直接アクセスし、無差別に内容を削除するため、実行には管理者権限が必要です。
より詳しい説明はインストールマニュアルに書いてあります。インストールマニュアルの中で特に注目すべき箇所は、より複雑な手順で USB メモリを準備する方法です。この方法を使うことで、インストーラのデフォルトオプションを (カーネルコマンドラインを使い) カスタマイズすることが可能です。

4.1.3. ネットワークブート経由のインストール

多くの BIOS では、カーネルと最低限のファイルシステムイメージをダウンロードすることでネットワークからカーネルを直接起動できるようになっています。PXETFTP ブートなどと呼ばれるこの方法は CD-ROM ドライブを持たないコンピュータやメディアからの起動をサポートしていない BIOS を備えたコンピュータにインストールを行う場合の救世主になります。
ネットワークブート経由のインストール方法は 2 段階で行われます。最初に、コンピュータ起動中に BIOS (またはネットワークカード) が自動的に IP アドレスを取得するために BOOTP/DHCP 要求を出します。BOOTP または DHCP サーバがこれに応答し、ファイル名とネットワーク設定を返します。ネットワークの設定が終了した後、クライアントコンピュータは先に返されたファイル名のファイルを取得するために TFTP (Trivial File Transfer Protocol) 要求を出します。ファイルの取得が終わったら、ファイルをあたかもブートローダであるかのごとく実行します。そしてブートローダが Debian インストールプログラムを起動し、インストーラがハードドライブ、CD-ROM、USB メモリから起動したのと同様に実行されます。
ネットブート経由のインストール方法に関するすべての詳しい情報はインストールガイド (「TFTP ネットブート用ファイルの準備」の節) に書かれています。

4.1.4. その他のインストール方法

Debian を多数のコンピュータに特別な設定でインストールしなければいけない場合、手作業ではなく自動でインストールを行うことが多いです。インストールの状況と複雑度合いに依存しますが、FAI (Fully Automatic Installer、第 12.3.1 節「Fully Automatic Installer (FAI)」で説明されています) を使うか、preseed ファイルを使ってカスタマイズされたインストール CD (第 12.3.2 節「Debian-Installer の事前設定」を参照してください) を使えば、自動でインストールを行うことが可能です。