Product SiteDocumentation Site

第 13 章 ワークステーション

13.1. X11 サーバの設定
13.2. グラフィカルインターフェースのカスタマイズ
13.2.1. ディスプレイマネージャの選択
13.2.2. ウィンドウマネージャの選択
13.2.3. メニュー管理
13.3. グラフィカルデスクトップ
13.3.1. GNOME
13.3.2. KDE
13.3.3. Xfce とその他
13.4. 電子メール
13.4.1. Evolution
13.4.2. KMail
13.4.3. Thunderbird と Icedove
13.5. ウェブブラウザ
13.6. 開発
13.6.1. GNOME 上の GTK+ 用ツール
13.6.2. KDE 上の Qt 用ツール
13.7. 共同作業
13.7.1. グループで行う作業、グループウェア
13.7.2. FusionForge を使った共同作業
13.8. オフィススイート
13.9. Windows のエミュレート、Wine
13.10. リアルタイムコミュニケーションソフトウェア
これでサーバの配備が終了しました。管理者は各ワークステーションをインストールし典型的な設定を作成することに注力することが可能です。

13.1. X11 サーバの設定

グラフィカルインターフェースの初期設定は時々扱いにくいことがあります。そして通常、最新のビデオカードは Debian 安定版に提供されている X.org バージョンでは完全に動作しません。
ちょっと思い出していただきたいことがあります。それは X.org はグラフィカルアプリケーションが画面上にウィンドウを表示するために使われるソフトウェアコンポーネントであるということです。X.org にはビデオカードを効率的に使うためのドライバが含まれます。グラフィカルアプリケーションは標準的なインターフェース X11 (Jessie にはバージョン X11R7.7 が含まれます) を通じて X.org の機能を使います。
X.org の現在のバージョンは利用できるハードウェアを自動検出することが可能です。すなわち、ビデオカードとモニタだけでなくキーボードとマウスも検出することが可能です。実際、パッケージが /etc/X11/xorg.conf 設定ファイルを作成する必要がなくなり、現在の X.org はとても使いやすくなっています。これは Linux カーネルが自動検出をサポートする機能を提供するようになったこと (特にキーボードとマウスの場合)、各ドライバがサポートするビデオカードのリストを持つようになったこと、DDC プロトコルでモニタの固有情報を取得するようになったことにより可能になっています。
キーボードは現在 /etc/default/keyboard で設定します。/etc/default/keyboard ファイルはテキストコンソールとグラフィカルインターフェースの両方で使われ、keyboard-configuration パッケージによって取り扱われます。キーボードレイアウトの設定に関する詳細は第 8.1.2 節「キーボードの設定」をご覧ください。
xserver-xorg-core パッケージには X.org のバージョン 7.x が使う一般的な X サーバが含まれます。このサーバはモジュール式で多くの異なる種類のビデオカードを取り扱う独立したドライバを使います。xserver-xorg をインストールすると、ドライバと少なくとも 1 種類のビデオドライバが確実にインストールされます。
検出されたビデオカードに対応するドライバが利用可能でない場合、X.org は VESA と fbdev ドライバを使うことを試みる点に注意してください。VESA はどこでも使えるはずの一般的なドライバですが、機能が制限されています (利用できる解像度が少なく、ゲームとデスクトップ視覚効果用のハードウェアアクセラレーションが使えないなどの制限があります)。これに対して fbdev はカーネルのフレームバッファデバイス上で動きます。X サーバのメッセージは /var/log/Xorg.0.log ログファイルに書き出されます。このログファイルを参照すれば、今現在使用中のドライバの種類を確認することが可能です。たとえば、以下に示すログの抜粋は intel ドライバが読み込まれた時に出力されるものです。
(==) Matched intel as autoconfigured driver 0
(==) Matched modesetting as autoconfigured driver 1
(==) Matched vesa as autoconfigured driver 2
(==) Matched fbdev as autoconfigured driver 3
(==) Assigned the driver to the xf86ConfigLayout
(II) LoadModule: "intel"
(II) Loading /usr/lib/xorg/modules/drivers/intel_drv.so